[先を見越して] by JE7UCS 気まぐれ業務日誌
2013年01月17日 (木) | Edit |
営業所の機械警備には殆どがアナログ回線で
異常を知らせるシステムになっていますが
最新システムはインターネット回線でデータ(信号)
を発信している。


某施設も市内では最初のネット回線システムを導入した。


まずは電話料金のコストダウンになります。
一般的には3000円くらいは警備で使っています。

警備の施錠、解除。施錠していても
2時間から3時間おきにデータを送信している。


他の営業所も数年後にはネット回線を使った方法に
なるでしょうがいろいろと弊害?もあります。

来週、再稼働の施設もまだアナログ回線ですが
ネット回線に切り替える事を考慮した設備にしてあります。

Wi-fiなども視野に入れてあります。


いろいろと先を見越した設計にしていかないと
いけませんが他の施設と整合が取れません。

目的は全体的なコストダウンなのですが
難しいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック