[400年] by JE7UCS 気まぐれ業務日誌
2013年10月28日 (月) | Edit |
現在運用中の特別局

8J7JE4OO
慶長遺欧使節出帆400年事業特別局



今日、出港してちょうど400年だそうです。

今から約400年前の1613年(慶長18年)、仙台藩主伊達政宗が、仙台領内でのキリスト教布教容認と
 引き換えにノビスパニア(メキシコ)との直接貿易を求めて、イスパニア(スペイン)国王およびローマ教皇
 のもとに派遣した使節です。
 使節に選ばれた家臣支倉常長は、宣教師ルイス・ソテロとともに、仙台藩内で建造された洋式帆船
 「サン・ファン・バウティスタ」で太平洋を渡りました。メキシコを経てイスパニアに至り国王フェリペ3世に
 謁見、さらにローマに入り教皇パウロ5世に拝謁しましたが、幕府のキリスト教弾圧などから目的を達
 することができず、7年後の1620年、常長は帰仙しました。

宮城支部HPより引用


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック